これでさらに痩せる「満腹ホルモン」と「空腹ホルモン」と「ケトーシス状態」の関係

ダイエット

いろんな悩みやストレスを抱えると、こんなに頑張ってるんだから、他に楽しみないんだからと、欲望に逆らわず、食べることをご褒美に自分にあげてしまったり、それとはまた別に単にストレスで食欲が増えてしまいダイエットが全く成功しない。

そんな人たちへ、

食欲を抑えるメッセージを脳に送るホルモン「レプチン」、

空腹を感じさせるホルモン「グレリン」、

身体の脂肪を燃やす状態「ケトーシス状態」、

のまとめです。

レプチンとは?

レプチンは1994年に発見されたペプチドホルモンで、脂肪細胞から放出される生理活性物質です。交感神経を刺激してエネルギー消費を促し、肥満を抑制する作用があるホルモンです。

食欲を抑えるホルモン「レプチン」

レプチンは脳にある、食欲を司る視床下部に作用するとのことですが、このレプチン、実は脂肪細胞から生み出されているのです。

脂肪から生み出されているので、脂肪が少なすぎる場合、レプチンの量もすくなくなるので、脳が十分でないと判断し、脂肪を増やそうとする。。。結果食欲が盛んになる・・・・一方で脂肪が十分に蓄えられると脂肪と共に増えたレプチンにより食欲が抑制される・・・・

の、はずなんですが・・・、

太っているのに、食欲が抑えられないのは、このホルモンが正常に機能せず食欲をコントロールして、適正な体重を維持できなくなっている状態にありるのです。


↑アフリカンマンゴーの種子に含まれるエキスが「レプチン」と呼ばれる満腹ホルモンの働きを活性化。 「レプチン」は脳の満腹中枢に働きかけ食べ過ぎを抑制します。

毎月先着300名様限定キャンペーン開催中!ダイエットサポート『フルベリ』

食欲が止まらないレプチン抵抗性

食欲が止まらないレプチン抵抗性は、仮説の1つに、脳内のレプチンの受容体が減少してしまった、あるいは機能的にうまく働かなくなり、このレプチンからの指令が上手く伝わっていかなくなっているため、十分な脂肪があっても食欲が収まることない。。。というものがあります。

この「レプチン抵抗性」が止まらない食欲の原因であるというわけです。

空腹ホルモン、グレリンとは?

胃に糖が入ると、空腹ホルモン グレリンが出なくなるそうです。

そうすると炭水化物抜きダイエットは激しくお腹が空いてしまうのではないか!

と思ってしまうと思うのですが、

タンパク質に富む食事を摂ると、脂肪または炭水化物に富む食事を摂るより、グレリンを多く下げられることが研究で示されているそうです。

満腹ホルモンレプチン抵抗性を克服し、空腹ホルモングレリンを減少させる

満腹ホルモン、レプチン抵抗性を克服し、空腹ホルモングレリンを減少させるには、

1.レプチンが働きだす過程には約20~30分かかるので、早食いをすると満腹中枢を刺激する前に過食になってしまいます。なので、食べるときは時間をかけてゆっくり食べる事。

2.よく噛んでゆっくり食べることで空腹ホルモンのグレリンを減少させる。

3.寝る3-4時間前は食事をしない。

4.空腹ホルモンのグレリンを減少させる方法として14時間は食事をとらず残りの8時間で食事を済ませることで身体をケトーシス状態にする。

脂肪を燃やしエネルギーを消費している状態の「ケトーシス状態」とは?

ケトーシス状態とは、血中ケトン体濃度が0.5mmol/L以上になり、脂肪を燃やし、エネルギーを消費している状態のことをいいます。

ケトーシス状態になるとダイエット中でも空腹ホルモンのグレリンが抑えられ、ダイエット後もグレリンが過剰に分泌されることはないのです。

満腹ホルモンと空腹ホルモンを手なづけたら+ケトーシス状態を作ってみる

ケトーシス状態であるためには、

1. 14時間断食

2. 食事は、低糖質・中たんぱく質・高脂肪の食事。

以上の2つを実行することが効果的。

人の体は、活動するために糖質を使います。

それは、食事から得た糖質・・・例えば、ご飯、小麦、などの炭水化物を使います。そして使い残った分は脂肪として体に蓄えられます。

しかし、体に蓄えられた脂肪を燃焼する前に、また食事で糖質を補給すると、体脂肪は燃焼されることがなく蓄積されたままになってしまいます。

これが太ると言う事。

そこで、ご飯や、麺類、パンなどの炭水化物・・・などの食事からの糖質を制限すると、体は脂肪を分解(脂肪を燃焼)するようになる・・この状態が「ケトーシス状態」です。

ケトーシスになると血中の脂肪がエネルギーとして使われていき、やがて体脂肪も減少していきます。

つまり、ケトーシス状態とは脂肪を効率よく燃やすことの出来る体を作るダイエットという言えます。

 

まとめ

食欲を抑えるメッセージを脳に送るホルモン「レプチン」、

空腹を感じさせるホルモン「グレリン」、

身体の脂肪を燃やす状態「ケトーシス状態」、

糖質制限を継続するポイントは、効率よくからだの中に
ケトン体を作り出せる環境を保つこと。

サプリもあるので、手っ取り早く痩せたい人はサプリを使うのもありです。

ケトン体が生成される過程で必要となる成分を詰め込んだサプリメント

ケト・サポーターで辛い糖質制限をサポート!とはどんなものか!?明細を見てみる

以上を理解し、ダイエットを成功させましょう!