個人年金がヤバいので「個人型確定拠出年金(iDeCo)」について調べました

女性の悩み

年金がヤバいみたい

結論を言うと、年金がヤバいみたいです。

いよいよ、なんか色々しなきゃっていう危機感。

なので:

年金やそれに関するお先真っ暗な記事

「個人型確定拠出年金(iDeCo)」

を調べてみました。

私のような、ロスジェネ世代、本当に夢も希望もありません。

その前に毎月払ってる年金、貯金させてほしいんですけど・・・と思います。

「自助に期待するなら年金徴収やめろ」批判殺到の記事

「人生100年の蓄え」国の指針案が炎上 「自助に期待するなら年金徴収やめろ」批判殺到(岡田有花) - Yahoo!ニュース
「人生100年、蓄えは万全?」――金融庁が審議会でまとめた指針案について、朝日新聞が報道した内容が、ネットで話題を集めている。「自助に期待するなら年金の徴収をやめて」などと政府への批判が集まっている。

なんか色々難しいですが、要点をまとめると、

1.年金はみんなが普通に生活するだけ払えません。

2.だからその分は今から自分で考えて貯えておいてください。

3.金融機関とかでやってる投資サービスを活用しなさい。

以上ですね。

そして、寿命が延びることも考えて100歳くらいまで生きる計算になっていて、

「1300万円~2000万円老後のために用意しておけ!いや、長生きしたらこれだけじゃ足りないからね!わかった?」

ってことですね。

ロスジェネ世代の未来図=貧乏孤独死?

お金貯めておけと言われても、今の生活精一杯という人がほとんどだと思う。

子供の教育費も高いですし、貯金も無理、もしできたとしても、2000万円くらいじゃ絶対足りないと思う。

将来、老いたときに、私、こんな風になっちゃうのかなっていうのが、これ↓

年金は雀の涙→施設にはいるの高い→老いて一人暮らし→築40年のボロアパートに住む。古いので冬寒い→しかし貧乏なので灯油代をけっちったため風邪を引く→介護サービスもお金かかるから呼べない→風邪をこじらす→そのまま孤独死→長い間発見されず白骨化→ っていう図?になるのでしょうか?

(泣)

ロスジェネで、未亡人、子供なしの私の頭によぎる図式と言葉・・・

「私はいずれ孤独死・・・。」

そんな感じが頭をよぎります。

ロスジェネ世代ではなくとも、

若い人たちにとっても、こんなこと言われちゃ、夢も希望もないです。

トヨタの終身雇用に関する発言

おまけにこんな記事。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-59816467-business-soci

これからの若い人たちが、もっと結婚しなくなりそうですね。

そして子供がどんどん減る。

給料あがらない、消費税はあがる、終身雇用なくなる、70歳まで定年延長、AI化・・・

終身雇用がなくなっていくから、定年延長って言われてもね。

孤独死で発見されないの嫌だなぁ。。。

こうなったら、親見捨てて、きっちり時間に帰れて、休みも多い海外の外資の会社に就職して、帰宅したら即副業、またはアルバイトして老いる前に思いっきり貯める! っていう生き方が賢いかも。

但し、年老いた親を置いて・・・・

うっ そんなことできないから、

親が、介護必要になったら会社辞めて契約社員で首になるまで働き、ボーナスも、退職金もなく、死ぬまで貧乏・・・そして結局孤独死・・・・か。

まさに夢のない将来図、負の悪循環がぐるぐる・・・。

「個人型確定拠出年金(iDeCo)」について調べた

年金が雀の涙ほどしかもらえないようなら、副業のアルバイトも、できない会社で働いているなら、どうやって貧乏から脱出すればいいんだよ~ということで、

副業が全く禁止、公務員女子のお一人様に運用者が多いという噂の、

個人型確定拠出年金の iDeCo とか、どうなんだろうと思いましたので調べました。

ロスジェネ、お一人様、将来の事考えよう、と自分に言い聞かせ。

解りやすかったのが、楽天のiDeCo

iDeCo(イデコ)は、将来に備えるための自分でつくる年金。
月々5,000円から積み立てができ、原則60歳以降に受け取る仕組み。
iDeCo(イデコ)のメリットは、将来に備えつつ、税金を節約できることで、
積立時、運用時、受取時の3つの税制優遇がうけられ、所得税や住民税が安くなり、分配金の運用利益が非課税。運用できる商品は、「投資信託」や「定期預金」というものです。

一番知りたいのは、実際にいくら月々に払えば、将来いくらもらえるの?

ということで、iDeCo(イデコ)の方にシュミレーションがありました。

一番わかりやすかった、楽天のideco のシュミレーション。

シミュレーション | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券
あなたの節税額と、長期の積立運用の効果をシュミレーションいたします。

このシュミレーションに

「会社員」

「40歳」

「年収400万円」

「企業年金ナシ」

「毎月の積立額 1万円」

「リスクは承知の上で、積極的な運用をしたい」

以上にチェックを入れてシュミレーション計算してみたところ、

1万円×20年=2,400,000円積み立てると、

342,067円の節税効果があり、

運用益が1,710,337円 得られ

結果、積み立て元金+運用益=合計 4,110,337円になる計算。

これ本当だったら結構いいかも?コツコツ積み立ててみる?

でもこれはリスクを背負って運用して「成功」した場合ですよね。

うーむ。

副業禁止の会社で働いている人は、資産運用やっていくしかないんですね。

以上、 個人年金がヤバいので「個人型確定拠出年金(iDeCo)」について調べました

でした!