納豆通信-1|顔がざらざらしている人は納豆を試してみて!

ダイエット

納豆通信-1|顔がざらざらしている人は納豆を試してみて!

顎のザラザラ、よく見ると角栓がたまっているみたい、頬も何だかザラザラしている。そんな人にぜひ試してほしい食品が納豆です。

腸と血液を綺麗にしてくれる納豆。

綺麗な腸と、綺麗な血液は、美肌の基本。

1週間も食べると・・・、早い人なら3日で肌の調子が変わってくるのが分かります。

ダイエットにも良い納豆について、一体どんな風に実際効果があるのか、疑問に答えます。

肌のお手入れは、外側ばかりではなく内側からもしなければだめ。

美肌の条件、

それは血液が綺麗なこと、いわゆる、血液がサラサラなこと。

これは、もう誰もが知る常識です。

美容皮膚科では、「血液クレンジング」という治療もあるほど、美肌=血液が綺麗でサラサラというのが大切になっています。

血液がドロドロだと、

血流が悪くなる=酸素や栄養素の供給が不足する

酸素や栄養素の供給が不足すると=老廃物や毒素の排出が滞る。

老廃物や毒素の排出が滞ると=細胞機能は低下して代謝が著しく落ち込む。

身体が冷え、むくみ、脂肪が溜まりやすくなる=痩せづらい体になってくる。

その他、肩こり、頭痛、腰痛。お肌はカサつき、老化が進行します。

「納豆のすごい&注意」をいくつかあげます

ここで、「納豆のすごい」をいくつかあげます。

納豆菌は、100度の熱湯でも生き残る程熱に強く、胃酸にも強いためいきたまま腸に届き、整腸作用があるため免疫力がアップする。

いわゆる、もう常識ですが、腸の若さを保つことがアンチエンジングのコツ、つまり健康で分かい腸であると、肌もきれい。

便秘だと肌が荒れる、便秘でニキビができるというのは今や常識。

納豆の「ポリアミン」という成分が体内に増えると、脂肪燃焼が生じやすい代謝状態に近づく。

いわゆる、代謝が良い=若返るということ、これは肌の張りや状態にも影響を及ぼしてきます。

納豆の、ねばねばに含まれる「レバン」は、アレルギー抑制作用があり、アレルギーに効果的。

人間の体とは不思議なもので、知らないうちに食べ物アレルギーになっていることがあるんです。

ニキビが一向に良くならないと悩んでいた人のニキビの原因が、「小麦アレルギー」が原因だったということもあるんです。

その肌荒れが、もしかしてアレルギーのせいならば、納豆がそのアレルギーを抑制してくれるのです。

ナットウキーゼは熱に弱い。

腸内環境を整えてくれる納豆菌は、100度でも死滅しないが、血液をさらさらにしてくれる、ナットウキーゼは熱に弱く70度で死滅するので、やはり、納豆はそのまま生で食べましょう。

お酒工場を見学する日は、納豆を食べるの禁止。

納豆菌が強すぎて、酵母菌を殺してしまいからだそうです。なので、お酒の工場で働いている方は、仕込み期間中、納豆禁止なのだそうです。そんなに強いんですねーある意味、すごく怖い。

腸と血液に良いから結果肌にも表れる

以上のことから、美肌に大切な、腸と血液を綺麗にしてくれる、ナチュラルな食べ物だから、肌に直接現れるんですね。

最近、肌がザラザラ、顎に角栓が~ ニキビが~という方は、是非納豆試してみてください。