インドネシアで生活していた時の生活費

海外移住・旅行

インドネシアで生活していた時の私の生活費

私の赤裸々なインドネシアの生活費/月 です。 これを見て、「かわいそうー 質素だね、結構インドネシアの生活費もお金かかるねー」と思う人もいれば、「このー贅沢者ー」と思う人もいるかもしれない。

どんなことでも言ってくれて良し、人にはそれぞれ生活のスタイルがあるのです。

綺麗を保つ経費

40を過ぎるとですね、綺麗を保つためにお金がかかります。

フェイシャル2回 80万ルピア 化粧品代(ファンデ含む) 80万ルピア、美容室 カラーリング、トリートメント、カット、チップ、などで 60万ルピア。

衣服 50万ルピア~100万ルピア(2ヵ月に1回クバヤ80万ルピア前後お仕立て 豪華でもなくいたって普通のクバヤです)

普通の服 年に2回くらい100万ルピアずつくらい。

サンダル、スポーツシューズ 年に1回合計 150万ルピアくらい

綺麗にしていれば、街でも男性に親切にされる。ドアを開けてもらえたりするので、綺麗でいて損はないですよー。努力とお金がかかるのです。

上記を見るととても贅沢をしているようには思えない。

ジム

ジムは、きれいめジムで、ホットシャワーもある、現地人しか通ってないジムが40万ルピア。

これでこれが某中堅リゾートホテルとかのジムとか(ハードロックとか)だと確か年間で1200万ルピア以上1500万ルピアとか払うはず。私はお金持ちではないのでその辺のジムでした。

プールもないけど、シャワールームも綺麗(お湯もたーんと出たよ)でトレーニングマシーンや、プログラムが充実してました。

車のローン 350万ルピア。ガソリン代 50万ルピア

バイクで生活すればいいのだろうが、仕事がいつも深夜まで、通勤が5-10分くらいならバイクでもいいのだろうが、片道45分かかっていたのでバイクは、安全面で危なすぎて乗れないと自分で判断していた。

車はエコノミー車 日本製 8人乗りの新車。

家賃&電気代

家賃 250万ルピア。家賃250万ルピアがかからなければかなり楽でしょう。

電気のホットシャワー、家具付きのワンルーム+テラス。だけど、ちょっとしたプライベートな感じの庭がありました。

住んでいるのはインドネシア人ばかりで、外人は私一人だった。単身赴任っぽい人や、お医者さん、ホステスさん系、航空会社のCA もいたかな。

エアコン付き、Wi-Fi無料で、250万ルピア。エアコンをつけるので電気代は+30万ルピア以上行ってしまう。

バリ島でエアコンなしの生活は絶対無理。

食費雑費サプリメント 200万ルピア 外食 60万ルピア

シャンプーとか、洗剤とか、そういうものを含め、月に1回だけ、日本食スーパーで買い物って感じで、普段はいたって現地のスーパーマーケットでお買い物。

市場(パサール)で買い物すればかなり安いらしいが仕事柄パサールに全く行けず。

今日本の方がいろいろ安いんじゃないかと思うが果物と野菜に関しては、はるかに日本よりなんでも安い!

ペット

犬のトリミング 15万ルピア×2、犬が病気した時は+30万ルピアから50万ルピア、犬のごはん代他 50万ルピア。

小型犬を2匹飼っていたので、その子たちに月になんだかんだで100万ルピアはかかっていたと思う。子供と一緒で病気もするし、服もかってあげたいし、ミルク代も結構なもんでした。

医療費

風邪など病気にかかった場合 日本人向けクリニック 50万ルピア (診察料、点滴/注射、薬)

現地のBPJS登録病院→基本無料(毎月社会保険料みたいなものを給料から引かれているが)

お付き合い 冠婚葬祭

お通夜みたいなの出席(コーヒー砂糖白い布などを買っていく20万ルピア)、結婚式(10万~30万ルピアくらいのお祝い金)

結婚式出席の時の髪セットメイク代10万ルピア(髪飾りは持参10万ルピアくらいかな)

おねぇの顔にされるすごいメイク 髪は写真もってけばどんな結い髪にもしてくれる技はすごい、これで10万ルピアは安い

スタッフのお誕生会(15万ルピア~45万ルピア)

私の上司がいわゆる社長でほとんど不在だったため、会社では実質私が一番偉い人なわけになってしまい、だからというわけではないが自腹でケーキ買ってあげてたー

大きなケーキが25万ルピアだったので自分は15万出して、あとの残りはスタッフで何千ルピアかずつ出させて、みんなでお祝い、みんなでケーキ食べる・・・

この行事が結構好きだったが なんせスタッフが60人近くいたので多いときは月4人。

そういうときは私が20万ルピア/回、出して残りはスタッフに出させる。飲み会とかない分こういうところで部下の面倒みるというか、そう思えば安い。

アリサン 毎月10万ルピア~50万ルピア

ずつ出し合って 10人くらいで集まってくじ引きで当たった人が合計金額を貰う 女子会みたいなもんで。集まるところは話題のカフェだったり、誰かのうちで持ち寄りだったり。

ランチは平均6万ルピアくらいの所だったかな。50万ルピアのアリサンは10人いれば500万ルピアになるから結構まとまったお金になる。貯金とみんなとの交流。

会社でスタッフとやってた私が参加してたアリサンはお給料日の昼休みに5万ルピアが20人のアリサンと、10万ルピアが10人のアリサンでした。(給料安い組のアリサンと、給料高い組のアリサンね)

↑これはホテルでやってるアリサンセット 飲み物、食べ物、スナック、プール、サウンドシステムまでついて一人75000ルピア/税込み こういうパッケージを時々使ったり、毎月は結構な出費になるので、時には誰かの家(姑舅がいない 笑)で持ち寄ったりして女子会やります。

現地の奥さんとの女子会アリサンは、各アリサンに色があり、凄いおしゃれしてくるアリサンもあった。毎回違うバック、洋服、サンダル、なんか、こんなに私は夫にお金使ってもらってるのー の自慢大会みたいなアリサンもあったけど、それあきらかに偽物ビトンやん。

気の置けない現地の友人とのアリサンが一番好きだったなぁ、そこそこおしゃれして、でも無理せず、美容情報交換とか、サイドビジネス系の話(儲けよりもみんな暇つぶし的に友達増やしたりイベントに興味あり)とか、楽しかったなぁ。

私のバリ島での生活費・まとめ

以上、私のバリ島での生活費でございましたが、旦那が死ぬ前、車のローンや生活費にお金がかからなかった時は、楽だったけど、旦那が死んで、全部自分でやらなきゃならなく、生活がかなり変わりました。

上記の生活は多くの日本人には贅沢と言われるが、決して優雅ではない。現地の普通よりややお金持ちの奥さんから言ったらいたって普通。

上記の支出だと家賃にかけれるお金は250万ルピア位。周りは現地人しか住んでなかったし、綺麗だけど、いたって普通。

一人だしーということで一軒家に住むのを辞めて、プール付きの、広めのワンルームで、住みたいなーと思ったところは、円で10万円。とってもじゃないけど住めない。

しかしながら、現地で日本人女性が一家の大黒柱になって800万ルピア位のお給料で、子供もいて家族全員食べさせている人は、本当にすごいなぁと思います。

香港と比べると、結構掛かるようでかからないのが、交通費。香港は急がなければトラムでどこでも行けるし、町が小さいし、歩いてどこでも行ける&安全なので車を持っていなくて良い。

あと、インドネシアでは部下が沢山いたけど、香港ではいなかった、香港は本当に短く住んでる年数だけ友人も少なかったのでお付き合いのお金が意外とかからなかった。家賃も会社負担だったので家賃がかからない。

洋服もバリ島にいたときの方がクバヤや結婚式にお金がかかってたけど香港では不要。インドネシアでは、現地の奥さんたちが優雅にきらびやかに、これでもかと綺麗にしてくるのを見ると、私も結構頑張りたいが予算があるので工夫して綺麗にしてってました。

私の印象としては、日本人で現地採用されている人たちより、現地のインドネシア人の人たちの方がずっと豊かな暮らしをしているという印象。

車も高級車、立派なご自宅、美容費は私よりもかけていて、クバヤも素晴らしいものばかり、おまけに3人とか子供がいて、それらの子供に、1週間のうち3回は習い事、公文、水泳、英語とか通わせている。

現地インドネシア人普通よりちょっとお金持ち奥さんたちのルーティン(多分月収3500万ルピア)

朝子供を学校に車で送る(または運転手に送らせる)

奥さんが子供を送って行ったときはその足でジムに行く。

子供が学校が終わるくらいに迎えに行く(または運転手に迎えに行かせる)

洗濯は基本お手伝いさんの仕事。

料理も、何作るかは奥さんが決めて、お手伝いさんに作らせる。

週に2-3回は、子供を迎えに行ったその足で買い物がてらスーパーマーケットのフードコードなどで昼食

もっと金持ちの奥様は、バリベーカリー、ブラックキャニオンなどのカフェで昼食。

掃除は一切、お手伝いさん任せ

ネットで服を買ったり、次のウパチャラに向けてクバヤを注文

フェイシャルは月に2回

マンディルルールは月に1回

美容室は月に1回

他、色々

うらやましいですわー もう、奥さんの第一の仕事は子供産んで、その子供を立派に教育する事。学校で良い成績とらせて、良い学校に行かせたり、学校や習い事で賞とらせたり。

できる奥さんは服屋やエステなどのサイドビジネスもしてそっちで収入あげ、生活費以外(生活費はあくまでも旦那から)の旅行のお金は奥さんのサイドビジネスの収入で行きましたーみたいな。

それが身内の中での奥さんの評価につながってるような気がします。

私は子供が出来なかったので出だしで挫いてかなり肩身が狭かったですけど。

旦那が良かったのが救いでしたなー。